2011年06月25日

亀頭オナニーを続けると短小になる理由

最近、皮オナニーは危険だが亀頭オナニーは安全なんて言っている人がいますが、
まったくの間違い情報
特に、包茎の人が亀頭オナニーすることは、それ自体が危険なことでもあります。
亀頭オナニーで、短小になる、あるいは、ペニスが短かくなるというのは
やや誤解を招く表現ではありますが、正確なところは
本来大きくなったはずのサイズにならずに、短小のまま終わる
という意味です。
日本人の平均はペニスは、しばらく前までは15〜16cmといわれてきましたが、
実際のところ、食事の欧米化などで身長が伸びた分だけ
ペニスのサイズもアップしているのが現実です。
実際に、サークルなどで調べていくと、17-18cmは多くいます。
ただし、包茎とか亀頭オナニーとかしている人たちは
とにかく短小が多い、その点に注意する必要があります。
どうしてもオナニーしたい場合
以前に説明した オナニーしても包茎にならない方法を予防策として実行するのが
とにかく安全です。短小とか包茎とかは30代前半位までは克服のチャンスがありますので
逆にいえば、亀頭オナニーなどで性器に無理をかけると
将来性を失いかけない、結果になるということを意味しています。
posted by サムゲダン at 17:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。